家庭用蒸し器・業務用蒸し器・ステンレス製品の製造・販売

神子島製作所

新製品 実用新案登録証
実用新案登録証 実願
登録第 3109497号 実願 2004-007520

蒸し器とらの巻
蒸し器をうまくつかうコツを紹介します!動画による説明はこちら
蒸し器1
1・急がず!蒸気を充分にたててから。
蒸気が充分にあがってから、材料を入れる(セイロをのせる)。これはとても大切なポイントです。蒸気が充分だと蒸し器の温度が上がり、最良の表面に素早く火が通ります。
蒸し器2
2・蒸し物の基本は、強火で一気に蒸す。
たっぷりの熱湯を使い、強火で一気に蒸すのが蒸し物の基本です。さらに、熱湯に塩を入れると沸点が上がり、より高温になります。
蒸し器3
3・卵の時は弱火です。
茶わん蒸しなどの卵の蒸し物は「す」が立ちやすいので、塩を入れた湯が沸騰したら、弱火に落としてから茶わん蒸しをのせてください。ふきんやペーパーなどでおおってからフタをするときれいに仕上がります。
(プレジデント社刊 月刊ダンチュウより一部引用)

角・丸型三段蒸し器(27cm)による赤飯の作り方
材 料
●もち米 カップ16〜18 セイロ2台分の量です。
●小豆  カップ2〜4 ※小豆はもち米の10〜20%が目安です。
小豆をゆでる
a・小豆2〜4カップに、4倍量の水を入れ強火にかけ、ひと煮立ちしたらゆで汁をすてアク抜きをします。再び4倍量の水を加え、沸騰したら差し水をカップ2分の1入れ、弱火で25〜30分火を通します。
ゆで汁をこす
b・小豆は乾かぬように、ぬれフキンでおおっておきます。
ゆで汁は、こして別容器に取っておきます。
米を洗う A・お米はきれいに洗ったあと、一晩中水につけておきます。(12時間以上、長いほど良い)
米を水切りする B・前日準備したお米をザルにあけて、よく水切をして30分位置きます。
C・お米と、bの小豆をよく混ぜます。
米をセイロに入れる D・セイロにフキンを敷き、Cで用意したお米を2台のセイロに分けて入れます。
※フキンは蒸し器専用のものを使用すること。
※もち米を直接セイロの中に入れないこと。
正しい米の入れ方 お米の入れ方
中央をくぼませ、真ん中に穴をあけて蒸気の上がりをよくするように入れます。
蒸し上がると重さも量も増えます、入れる量は適量に。
間違った米の入れ方
赤飯を蒸す E・鍋に8分目程度の水を入れ、沸騰したら塩を入れて沸点を上げ、Dのセイロをのせて、強火で一気に蒸します(25分位) 。
注意・10分位しても蓋のところより蒸気が上がってこない場合、中のもち米を飯ベラで上下を入替えるように混ぜ返してください。
上段と下段のセイロを組替えて、更に強火で蒸します(25分位)。

※この時にお鍋のお湯が減っておりますので、7〜8分目ほど、熱湯をたしてください。多すぎると、ご飯がべたつくのでご注意を。

セイロは、お鍋の湯が沸騰したら、その上にのせます。
(構造上、重ねたところより、多少の蒸気のもれが発生することがあります。)
F・これをボールかバット等に移し、bの小豆のゆで汁を全体にかけ、よく混ぜた後、2台のセイロに分け入れる。(Dのやり方+お米の入れ方)強火で20分位蒸し、上段・下段のセイロを組替え更に20分位蒸し、ふっくら炊きあがっていたら出来上がりです。
G・広めのバット等にあけて、手早くあおいで、つやをだします。

セイロ1台に入れる量(もち米と小豆を合わせた量)
サイズ
分 量
サイズ
分 量
27cm
10カップ(1升)
29cm
12カップ(1升2合)
22cm
6カップ(6合)
24cm
8カップ(8合)

角蒸し器おこわの作り方(動画)
お米の入れ方
(B〜E)
12〜13分後
飯ベラで上下を入替
更に12〜13分後
飯ベラで上下を入替
更に12〜13分後
バット等にあける

 蒸し器の販売はこちら
【全国どこでも送料無料でお届けします】
→業務用角型蒸し器の販売ページへ
→家庭用蒸し器の販売ページへ

home  page top

Copyright 2003 PEACH BRAND KAGOSHIMA,Inc. ALL Rights Reserved.